日本人と美白

今日はわたしが経営する美容院で母の時代から54年も取扱っている化粧品会社が美白クリームを改良したのでお勉強会へ行って来ました。

とても勉強になったし、この新製品はすごい!使ってみたい!と美白にあまり興味のないわたしまで思ったくらい。(興味のある方はこのページをご参照あれ)

以前も『美肌を目指す!』でお伝えしました、日本人(アジア人)女性が憧れて止まない美白への思い。これはいつ頃から始まったかご存知ですか?

平安美人

なんと!800年以上も昔、平安時代からだそう。この頃から白粉(おしろい)を顔に塗って男性に求められようとしていたなんて。。。

でもちょーっと待ったーー!!! これって、当時の人口5%のお貴族サマのことですから。残りの95%は違うんですよ!

それにこのお姫サマたち、お屋敷の外へ出ることもなく男性が夜な夜な通ってくるのを待つだけ。月明かりで特徴を出すのに白い肌にしていたみたい。

ブーム(流行)に流されるわたしたち

だから、美白への憧れは800年前から遺伝子にある欲求じゃないですから!

みなさんは今のブームに流されてるだけ。

だって、昨年引退した安室チャン全盛期(?)19才の頃は小麦色の肌がブームでした。約20年前なのでこのブログの読者は知らないかも。

アムラー現象を続出させた茶肌、細眉

そしてその後、第一次美白ブームが誕生して約20年。2015年以降は第二次美白ブームで、もはや若い女性だけでなく老若男女みんな巻き込んでるんですって!(確かにうちにも80代の男性で美白クリームのリピーターがいらっしゃいます)

20代男性は30代・40代の男性に比べて圧倒的に美肌に対して努力しているそう。(48%が化粧水などを使ってケアしている)

同年代の男性が努力してるなら女性もがんばらないと!って感じなんですかね?

ブライトニング(ツヤ感)も必要

そして今はホワイトニング(美白)だけでなくブライトニングもある透明感が美肌に求められています。30代・40代の男性はこちらを重視。

今日お勉強したばかりなので、C社のホワイトニングシリーズかなりオススメです。でもクリームだけでなく美肌に向けての注意点をお伝えするわ。

保湿!紫外線カット!抗酸化(ビタミンC)

このブログの読者さんは20代・30代なのでまだそんなにシミやソバカスは気にならないと思います。だから今大切なのは今のお肌を守ること。

お肌の色を白くするというよりは、シミ・ソバカスなどを防ぎましょう。特に20代・30代での生活習慣がそれ以降のお肌を作るらしいですから。

シワだけでなく、シミ・ソバカスもお肌の乾燥から出来るものなのです。だから水分補給はしっかりと!

太陽の光も人間には必要なので、極端に避ける必要はないの。日焼け止めを塗って紫外線による炎症を起こさないように気を付ければOK!

最近は紫外線だけでなく、PM2.5などの大気汚染や携帯やコンピューター・LEDなどから出るブルーライトや近赤外線などもお肌に悪影響を及ぼします。

これら全てをカットしてくれるUVクリームがオススメです。先ほど紹介したC社もあるので、近くのサロンを探してみて。

それかネットでもいろいろあるみたいだけど、わたしが使ったことないので実際にオススメは出来ないからこのサイトを参考にしてみて。

そしてシミ・ソバカスの原因になるメラニンが生成・蓄積されないよう、ビタミンCなど抗酸化のある成分をたくさん取る事も忘れないように。

やはり抗酸化は素晴らしい

追記

本人が思ってるほど他人はシミやソバカス、肌の白さなんて気にしないと思うけど記事にしてみました。特に長い人生愛し合おうと思う二人には関係ないよね。 

女性の七難(顔立ちの悪さ、性格のきつさ、生活の乱れ、老けている感、運の悪さ、色気のなさ、貧乏臭さ)を隠すのは色白ではなく、太陽のような笑顔だと信じてやまない、さきでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする