男性心理について

突然ですが、みなさんは『孫子の兵法』という書物を知ってますか?

ちょっと調べてみると、2016年にこども向けの本も出ていて、10万部を突破するというベストセラーになるくらい今ブームになっているそう。

こども孫子の兵法 強くしなやかなこころを育てる! (齋藤孝の”こども訳”シリーズ) [ 孫子 ]楽天で購入

『孫子』とは中国で最も古い『兵法書』、戦いに勝つための本なのです。

いったい「恋愛と何の関係があるの!?」と思ってる方、しばしお待ち下さい。とても関係のある話をこれからしていきます。

わたしがアメリカのソフトウェア会社でコンサルタントとして初めて受けたトレーニングの時に教えられたのがこの言葉。

彼を知り己を知れば百戦あやうからず

孫子の兵法より

『敵(相手)のことを良く知り、味方(自分)のことを良く知れば、たとえ何回戦っても破れることはない』という意味です。

これを恋愛に当てはめると、『恋愛を成就するためには、男性のことも自分のことも良く知る必要がある』ということ。

ということで、恋愛における男性心理をみてみましょう。

承認欲求が強い

承認欲求とは、『認められたい』『他の人よりスゴイと思われたい』という人間の本能的な欲求のこと。

こどもはよく親や周りの大人に褒めてもらいたくていろんなことしますよね。男性はずっとおじいちゃんになってまでこの欲求が強いのです。

反対にバカにされたり見下されるとかなりイヤがります

わたしの母親や男性と良い関係を築いている女性をみていると、「〇〇やってもらって助かった〜」とか「〇〇するの上手だよね」なんて言ってうま〜くいろんなことやってもらってます。

わたしの友達のダンナさまは結婚した時は何も出来なかったそう。彼女自身、何でも出来る人なんだけど、あえて男性が得意とするようなこと(力仕事や電気製品の設置など)はやってもらったそう。

今ではそのダンナさま何でも出来るそうです(笑)それに男性としての自身もついて夫婦円満。こどもたちからも尊敬されるパパでいいですよね。

『初めての相手』になりたい

『男性は女性の初めての相手になりたくて、女性は男性の最後の相手になりたい』というのを聞いたことありますか?

これはなにもカラダの関係のことだけではなく、男性においては『何事においても』なんです。

例えば、

  • こんなステキなレストラン初めて!
  • こんな楽しいことするの初めて!

など、彼は「やって良かった」と思うし、その女性に対してもっと『初めて』を提供してあげたい!と思うみたい。

まだ20代のあなたなら、やったことないこともたくさんあるのではないかしら?ぜひそれを言葉や態度で表現してね。

30代のあなた、大抵のことはすでにやってしまったかも知れないけれど、それでも『彼との楽しい時間』は初めてのはず。それを伝えてね。

最後に

しかしこれって男性心理というより人間心理な感じがします。わたしだって彼から「一緒にいるといつも楽しいよ」って言われると天にも舞う気分になる(承認欲求)し、「こんなに楽しいの初めて」と言われるとうれしい。

そして今思ったけど、『特別』にもなりたくなりますね。「こんなに何でも話せるのはさきだけ」なーんて言われると、守ってあげたくなります。

そんな自分のことも良く知っておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする